マルスを名乗る剣士 ルキナ

マルスを名乗る剣士 ルキナ
セリフマルス。僕の名はマルスだ。
収録英雄たちの戦刃B01-056HNIllustコザキユースケ
セリフ私は運命を変えるため、時を超えてきたんです。
収録プロモーションカードP01-004PRIllusttoi8
出撃コスト1CCコスト-兵種下級職ロード
戦闘力40支援力20射程1アイコン聖痕/女/剣
スキル英雄王の名特殊型
このカードのユニット名は『マルス』としてもあつかう。
スキル裏剣 ファルシオン常時型
このユニットが<竜>を攻撃している場合、このユニットの戦闘力は+20される。
支援スキル英雄の紋章攻撃型
攻撃ユニットが<聖痕>の場合、戦闘終了まで、そのユニットが攻撃で破壊するオーブは2つになる。

考察

複数のユニット名を持つカード。この点はメリットにもデメリットにもなる。

まず、このユニットから上級職のマルスにクラスチェンジできる
なので、このカードを主人公にすると、ルキナマルスを主人公として使い分けることができる。

欠点としては、このカードはマルスを支援できず、マルスもこのユニットを支援できないことが挙げられる。
このカードをルキナマルスと共に採用すると、その分支援失敗のリスクが高くなる。
かと言ってどちらかを少なくした場合、少ない方にクラスチェンジした後に神速回避が困難になってしまうので危険。

手札にあれば、このカードでルキナマルスのどちらにも必殺攻撃・神速回避を行わせることができる利点がある。

一応、ルキナを使わないマルスデッキの主人公としても運用できる。
アリティアの王子 マルスよりは序盤での利用価値があるという利点があったが、勇者の末裔 マルスが登場した現在ではそちらを使うことが多いだろう。

ルキナデッキの主人公としても、大きなメリットを持つ未来から来た剣士 ルキナの登場で価値が下がっている。
竜特効も大きな価値はないので、現行では英雄の紋章を見込んで採用することになるだろうか。

  • 称号通りただ偽名として名乗っただけでマルスと直接的な繋がりは全く無いのだが、サイファでは本物同然の振る舞いができる性能となった。
    「違う名前を名乗っているが紛れもない同一人物」が同名扱いされない例が続いているため、異彩を放っている。

関連ページ


スポンサーリンク