人と竜の未来を創る者 ロイ 節を編集

人と竜の未来を創る者 ロイ
セリフぼくは、あきらめない! 英雄ハルトムートの思いを
この剣とともに、受け継いだのだから!
昔には戻れないけど、前を向いて歩こうよ。
昔と同じ…いや、それ以上の未来を作るために、さ。
収録勇気よ燃ゆる魂よB16-001SRIllust金田榮路
山田孝太郎(SR+)
出撃コスト5CCコスト4兵種上級職マスターロード
戦闘力70支援力20射程1アイコン神器/男/剣
スキル超器 封印の剣起動型
【他の<神器>の味方を1体行動済みにする】ターン終了まで、このユニットの戦闘力は+10される。
スキル[LIS]魔竜を封じる力起動型
[1ターンに1回]相手のデッキの1番上のカードを公開させる。そのカードが<竜石>の場合、すべての敵を撃破する。このスキルはこのユニットが『超器 封印の剣』を2回以上使用したターンでなければ使用できない。
スキル未来への想い自動型
[1ターンに1回]味方が[LIS]を使用した時、デッキの1番上のカードを公開する。そのカードを出撃させてもよい。

考察 節を編集

新たなキーワードスキルである「レジェンダリーアイテムスキル」と共に登場したロイ

『超器 封印の剣』は神器の味方のアクションでこのユニットが戦闘力+10できるもの。
これ自体は出撃コスト5のユニットとしては不十分な性能なので、基本的には後述のLISの条件を満たすためのスキルである。

LISはデッキトップを公開させ、そのカードが竜石なら全体撃破を行う強烈なスキル。なんと主人公まで撃破することができる。
ただそのためには『超器 封印の剣』を2回以上使用する必要があるので、神器のユニット数を稼げるデッキでなければならず、またコストとして若干重い。
さらには相手に完全に依存するスキルであり、成功率の期待値はかなり低い。
基本的には、下のスキルを自力誘発させるために使い、その上で運が良ければ撃破効果が発動するかも、ぐらいの運用が良いだろう。
積極的に狙うならば、相手のデッキに竜石が投入されている必要があるが、冷酷なる蒼鴉 ウルスラ宿命の竜少女 ニニアンなどでデッキトップを操作すると良い。
「相手の次の支援カードやドローするであろうカードを見る」という副次的な効果もあるが、それを目当てにするには重い。

『未来への想い』はLISから続いてデッキトップから無条件でカードを出撃させる。
こちらは自分のデッキトップなので、任意のカードを出撃できるようにすることも難しくなく、非常に強力な効果。
このカード単体では、このスキルのためにLISを使い、LISのために『超器 封印の剣』を使う、という運用になることが多いだろう。
他の方法で発動した場合、出撃コスト1などの場合でも『超器 封印の剣』のコストに充てて自身のLISにつなぐ使い方ができる。

このカード以外のLISは発動までにリバース2が必要であり(氷雪にて空を貫く者 ミレディはリバース1+自身行動済みで代替可)、どの方法をとってもそう気軽に連発はできないのが悩みどころ。

  • このカードを中心に、8つの「神将器」を持つ(LISを持つ)カードを周りに並べることでひとつの巨大なつなぎ絵になる。
    ただし今弾ですべてがそろうわけではなく、完成にはさらに先の弾を待たなければならない。
    • 16弾時点では半分の4つが登場している。

関連ページ 節を編集


スポンサーリンク