仮面の黒騎士 シリウス 節を編集

仮面の黒騎士 シリウス
セリフもうそれ以上苦しむことはない。あなたは、悪い夢を見ていたのです…
収録煌めき幻奏B04-031RIllustBISAI
出撃コスト4CCコスト3兵種上級職パラディン
戦闘力70支援力10射程1アイコン光の剣/男/槍/獣馬
スキル隠された眼光自動型
自分のターン開始時、このユニットが前衛の場合、敵を1体選ぶ。ターン終了まで、その敵の戦闘力は-10され、その敵の出撃コストは1になる。
スキル圧倒する槍技常時型
このユニットが主人公以外で出撃コストが2以下の敵を攻撃している場合、このユニットの戦闘力は+10される。

考察 節を編集

自分ターン開始時に敵ユニットを弱体化させることができる。
単純に相手の倒したいユニットや主人公を戦闘力-10して攻撃するだけでも強力である。

特殊なのが出撃コストを1にするという点で、一部のカードとコンボが狙える。
特筆すべきはブラックナイツ カミュで、低コストであれば主人公すら撃破出来るため、強力なフィニッシャーとなりうる。(限定的な条件下だが爆進するヒーロー 赤城 斗馬も可能)
他には撃破効果では同シンボルの暗躍する影 クライネ、支援力30の空飛ぶ暗殺者 ベルカ、ノーコストな上に1リバースでドローもできる麗しき陽花の王女 リアン
移動効果では同シンボルかつノーコストな同盟軍の王子 マルスあたりが好相性。
無限エリアに置かせる死の国の魔将 スラシルも独自の強さを見出だせる。

『圧倒する槍技』のほうは主人公以外を対象にした時にしか発動しないが、『隠された眼光』と合わせると戦闘力90まで対処できる。
非主人公のマムクート・プリンセス チキや、愛慕の闘剣 セレナで+20された非主人公などを撃破するのに役に立つ。
逆に、本当に出撃コスト1のユニットを相手にした場合はよっぽど支援結果が悪くないかぎり文字通り圧倒できるだろうが、そもそも戦闘力70の時点でほぼ優位なので、基本的には『隠された眼光』との組み合わせで活かすスキルだろう。
例外的に、低コストでも高戦闘力を持つ竜石ユニットやドラゴンゾンビを相手する場合には心強いスキルとなる。

『隠された眼光』が出撃したターン中には使えず、かつ前衛に居なければならないので非主人公にはとことん向いていない。
『圧倒する槍技』も、上述の通り単体ではあまり有用なスキルとはいえない。
非主人公で1コスト化効果を使いたい場合はリゲルの黒騎士 ジークの方がまだ使いやすいだろう。

  • おそらくブラックナイツ カミュと抜群のシナジーを発揮できるように設計されたデザインである。理由に関しては紋章の謎をプレイされたし。
    • ただし『神槍 グラディウス』を使うと主人公以外に出撃コスト2以下のユニットがいなくなるので、『圧倒する槍技』の方は腐ってしまうが。
  • ターン開始時のスキルのお約束だが、処理をし忘れたままドローしないように注意が必要。
    使わないという選択肢がないうえ、ドローするカードを確認した後では本来の処理に比べて都合の良い選択が可能になってしまうので、他のカードと比べても平等な形で巻き戻しがしにくい。
  • 狼騎士団の団長 ウルフが存在する場合、
    「前衛のシリウスが『隠された眼光』を発動してからウルフの『開戦の号令』で後衛に下がる」
    「ウルフの『開戦の号令』でシリウスを前衛に上げてから『隠された眼光』を発動する」
    のどちらも可能となる。
    • これは自動型スキルが同時に誘発状態にあるとき、実行する順番は選択可能であるためである。
    • また後者に関しては、隠された眼光の誘発条件はあくまで「自分のターン開始時」だけであり、「このユニットが前衛の場合」というのは隠された眼光の実行を選択した後に参照する条件なので、こちらは誘発状態になった時点では満たしていなくても構わない。

関連ページ 節を編集


スポンサーリンク