光の皇子 セリス

光の皇子 セリス
セリフ私は行きます。それが私の運命なら。
収録閃駆ノ騎影B08-052R+XIllust北千里
セリフ私にはすばらしい仲間がいてくれる。
どんなに辛くても彼らとなら、のりこえて行けます。
収録生と死-運命の先へB08-052RIllustワダサチコ
出撃コスト4CCコスト3兵種上級職ロードナイト
戦闘力70支援力20射程1アイコン聖戦旗/男/剣/獣馬
スキル光を継ぐ者自動型
[1ターンに1回]自分の絆エリアに<聖戦旗>のカードが置かれた時、後衛の敵を1体選び、移動させてもよい。
スキル奇跡の双光起動型
[1ターンに1回]【[リバース1]】ターン終了まで、このユニットと味方の『シグルド』の戦闘力は+10される。このスキルは味方に『シグルド』がいなければ使用できない。

考察

リキア一の騎士 エリウッドに次ぐ、二つ目のシークレット先行収録カード。
置かれるシンボルの制限はあるが、能動的にノーコストで後衛を引きずり出せる。
絆エリアに置かれることが条件なので、竜人の紋章や運命の扉闇を照らす戦士などのスキルでも誘発する。

絆フェイズは出撃フェイズより前なので、出撃したターンはスキルを併用しないと移動させることができない。
主人公であればそれほど気にならないが、非主人公で1ターン遅れるのは致命的なので、できるだけスキルを併用する構築にしたい。
主人公としても、絆カードの枚数を参照するわけではないのに絆カードを増やしていくのは手札消費の面でリスクが伴うので、スキルを使う選択肢もあるのが望ましい。

もうひとつのスキルは聖王の血を引く者 ルキナと効果範囲がよく似ている。
聖なる血を継ぐ者 シグルド同様、ロード系のコスト4としては珍しい特定ユニットを参照するスキルである。
元々及第点の戦闘力があるので重要性は低いスキルだが、使用可能な構築であるなら役立つ場面は少なくない。
シグルド聖なる血を継ぐ者 シグルドならばこのユニットが戦闘力90になり、さらにディアドラが前衛にいれば聖なる血を継ぐ者 シグルドも戦闘力90になる。

  • 『光を継ぐ者』は、ゲームの主人公がシグルドからセリスに交代する『聖戦の系譜』6章の章タイトル(オリジナルの表記は「光をつぐもの」)。
    セリスの活躍を描いたコミカライズの副題でもある。
  • 原作において、シグルドセリスが並び立つことは決して無い。
    『奇跡の双光』はある意味原作を大きく逸脱したスキルであり、サイファにおいては同じシンボルのカードにすぎないという点を活かした、サイファならではのスキルでもある。

関連ページ


スポンサーリンク