剛腕の猛将 ヘクトル

剛腕の猛将 ヘクトル
セリフおれが、すべてのケリをつけてやる!
これからも、あの日の誓いを破る気はないぜ。
収録士道を征くB07-004SRIllustワダサチコ
鈴木理華(SR+)
出撃コスト4CCコスト3兵種上級職グレートロード
戦闘力70支援力X射程1アイコン神器/男/斧/アーマー
スキル天雷の斧 アルマーズ起動型
【自分の手札から『ヘクトル』を1枚退避エリアに置く】次の相手のターン終了まで、このユニットの戦闘力は+30される。
スキルほとばしる神雷起動型
[1ターンに1回]このユニットか他の味方の戦闘力が100以上の場合、ターン終了まで、このユニットは以下のスキルを得る。“[自動型]このユニットの攻撃で敵を撃破した時、主人公以外の敵を1体選び、撃破する。”
支援スキル蒼鎧の猛将攻防型
戦闘終了まで、このカードの支援力は敵の数×10になる。

考察

同名ユニットを捨てることで、相手のターンまで戦闘力100になった上にノーコストの撃破効果まで獲得できる。
使い続けるとさすがに手札消費が気になるが、暗黒皇帝 ハーディン暗夜王国を統べる者 マークスのように突破口を残すこともなく、戦闘力100を保てるスキルは異例。

『ほとばしる神雷』は他の味方が戦闘力100になることでも使えるので、手札コストが払えない時も考慮して、他にも達成できるカードと組み合わせたい。
同シンボルでコストが比較的安価なのは、(同じく同名ユニットを捨てる必要がある)娘の可憐な盟主 リリーナが有力である。
各種凱歌系スキルであれば、戦闘力100に達することは容易であり、またヘクトル自身の攻撃も通りやすくなるが、このカードより遥かに重いコストを支払うので予備の手段としては使いにくい。
非主人公としては、戦闘力100になりやすい主人公の下であれば安定性を期待できるようになる。

同名ユニットの要求がある一方で、このカード以外のヘクトルの支援にはやや不安があるのが数少ない欠点である。
ただし、前述のように他の味方が戦闘力100になれる場合、攻撃時の支援力が10であろうが大抵は問題ないのでその欠点も軽減される。

支援力Xであり、『蒼鎧の猛将』は性質上必ず支援力10以上になる。
自分のターンだと10になりやすいが、相手のターンでは高い数値を出せることが多い。
このカードを採用するなら、弱い敵をあえて残すことも考慮したほうがいいかもしれない。

  • 『ほとばしる神雷』は厳密には「撃破時効果を得る起動型スキル」であるので、無用なトラブルを避けるためにもスキルの起動は宣言するのが望ましい。
    • 類似条件の負けず嫌いな弓騎士 ルーナのように常時型でないのは、自身の戦闘力を参照するので、常時型だと戦闘中に支援や必殺攻撃で上昇した状態の戦闘力で条件が満たされてしまうためだと思われる。
  • 娘との相性がとても良く、前述の通り『フォルブレイズ』で簡単に戦闘力100以上のユニットを用意できるのに加えて、支援スキル持ちなので『秘めた炎』が有効になりやすく、戦闘力アップ中は祈りの紋章のメリットも大きい。
    さらに『天雷の斧 アルマーズ』のコストで『大魔道士の素質』を誘発させ、手札消費を補うことができる。
    • 一方で、このユニットが主人公ならコストを簡単に確保できる魔道の申し子 ニノとも単純にかなり相性が良い。
      どちらかを選ぶのではなく併用するのも手だろう。

関連ページ


スポンサーリンク