救国(きゅうこく)聖女(せいじょ) ニーナ

救国の聖女 ニーナ
セリフマルス、あなたにエムブレムを託します。
「覇者の証」…ファイアーエムブレムを!
収録煌めき幻奏B04-045SRIllustZIS
出撃コスト5CCコスト-兵種固定職アカネイア王女
戦闘力20支援力20射程-アイコン光の剣/女
スキルアカネイアの白薔薇自動型
【[リバース5]】このユニットが出撃したとき、コストを支払うなら、自分の退避エリアから<光の剣>のカードを1枚選び、手札に加える。カードを1枚引く。自分のデッキの1番上のカードを公開して、そのカードを自分の絆エリアに置く。自分のオーブの数が相手より少ない場合、デッキの1番上のカードをオーブに追加する。

考察

シンボル限定のライブ、ドロー、絆の増加、いつもの条件つきでのオーブの追加、と1回で前代未聞のアドバンテージを獲得するスキル。
しかしそのコストも前代未聞のリバース5で、出撃コスト5で戦闘力20、射程なしとユニットとしての性能も最低クラスとなっている。

オーブの追加は2枚分、それ以外はそれぞれ1枚分として約5枚分のアドバンテージと言えるので、リバース1あたり1枚分のアドバンテージに置き換えると考えれば効率面はかなり優れる。
しかし出撃コストを5も使ってまったく役に立たないユニットを出撃させるのはテンポアドバンテージを大きく失うことになり、さらに絆を5枚もリバースするので戦術面でも大きく制限されることになる。
適当に採用してもせいぜい保険として使えればいい程度にしかならないため、普通のデッキでは採用すら難しい。

本当にもしもの保険として使うのもアリだが、有効に使うなら『アカネイアの白薔薇』を使っても問題ないデッキで使いたい。
特に竜石ユニットを主人公にする場合、必要な絆カードが貯まるまでの時間を稼ぎつつ、絆カードの枚数を稼ぐことができるのでうってつけの条件だと言える。
また回収カードが光の剣ユニット限定と汎用性に欠ける印象こそあるが、タリスの王女 シーダアリティアの王子 マルスを回収すれば自身をコストとして有効活用でき、癒やしの僧 リフを回収すれば相手の攻撃にさらに備えることもできるのでシステム的には優秀である。
なんにでも採用できるわけではないが、デッキによっては大きく戦術に貢献する一枚だと言えよう。

  • 出撃後はバニラ同然のユニットなので出撃後は放置しがちだが、放置するとオレルアンの王弟 ハーディンの強化に利用される恐れがある。
    わざわざそれだけを狙って入れるのはなかなか無いだろうが、ありえない話ではないので注意。
  • 処理はカードに記載された順番のとおりに行われる。退避エリアがない、絆エリアに置くために公開したカードが忠義の古強者 ジェイガン、などの場合はその効果のみ不発として続行する(この場合ジェイガンはデッキトップに戻され、条件を満たしていればその後オーブになる)。
  • 出撃フェイズ中に絆カードが増えるが、この増えた絆カードも当然ながらその出撃フェイズ中に利用できる。
    たとえば5枚の時に出撃してスキルで絆カードを増やせた場合、さらに1コストまでの出撃が行える。
  • 役立たずのユニットを生贄にしてリバース消費を浮かせられる暗黒皇帝 ハーディンとの相性は抜群。
    原作での関係を踏まえると何とも言えないシナジーである。
  • 回収効果はシンボルを指定している代わりに、同名ユニットも手札に加えられる。
    と言っても、もちろんもう一度スキルの使用を狙う以外の使い道はない。
    使用するタイミングによるが大抵は2回目が非常に遠く、しかも暗黒皇帝 ハーディンの生贄に捧げたり単独前衛にして攻撃を強要させるなりして戦場を離れさせないと2枚目の出撃ができないという問題もあるので、狙うことはごく稀だろう。
  • 珍しく武器アイコンを持たない。
    『紋章の謎』では普通に司祭として登場するのだが、兵種もオリジナルのものになっている。
    台詞からしても『暗黒竜』時代のニーナなのだろうか。一応第4弾の収録は『紋章の謎』名義で他もそちら準拠のカードが主なのだが。

関連ページ


スポンサーリンク