未来の賢王 リーフ

未来の賢王 リーフ
セリフぼくはもう逃げない。ぼくがこの地を守ってみせる!
ぼくたちの戦いは、まだ終わらない。
ナンナ、一緒に来てくれるね?
収録クロスローズB10-001SRIllust鈴木理華
出撃コスト5CCコスト4兵種上級職プリンス
戦闘力70支援力20射程1アイコン聖戦旗/男/剣
スキルトラキアを統べる者起動型
[1ターンに1回]【[リバース2],自分の手札から『リーフ』を1枚退避エリアに置く】自分の絆カード4枚につき、自分の退避エリアから<聖戦旗>のカードを1枚選び、出撃させる。
スキルツヴァイの光常時型
自分の絆カードが6枚以上の場合、このユニットが攻撃で破壊するオーブは2つになる。
スキル[BS]王子の帰還絆型・起動型
自分の手札から『リーフ』以外のカードを1枚まで選び、絆エリアに置く。このカードを手札に加える。([絆型]はこのカードが絆エリアにある間だけ使用できる)

考察

光の救世主 セリス同様、派手な起動型スキルと常時型スキルとBS、というスキル構成。

『トラキアを統べる者』は一度に複数のカードをシンボルのみの指定で退避エリアから出撃させられる強力な効果。
1枚のみだと手札消費が痛いので2枚以上を狙いたいが、並のデッキで使うなら2枚が前提となるだろう。
特化したデッキであれば3枚以上も十分ありえるようになる。
使ったコストを回復できる運命の聖女 ディアドラ神炎の継承者 アルヴィス、必然的に戦闘力80になれることが多い光の戦士の末裔 シグルドなど、聖戦旗で出撃させたいカードには事欠かない。

『ツヴァイの光』はシンプルな2枚割り獲得スキル。
早期達成はそうそうできないのであまり価値は高くないが、状況によっては十分プレッシャーになる。
特に非主人公でこのカードが戦場に出る場合はかなり高い割合で達成されているだろう。

BSの『王子の帰還』は、シアルフィの公子 シグルドと違い絆カードを減らさずにこのカードを手札に加えられる。
手札に加えるというのは置いておいて、行動フェイズ中に絆エリアにカードを置けるので、戦場に出さずして様々なスキルの誘発を狙うことができる。
使うことで手札に戻ってくるので、必然的に1枚でスキルを何度でも使い回すことができる。
このスキルの存在により、手札コストのある『トラキアを統べる者』が使いやすくなる効果もある。
リーフ主人公なら、手札以外から絆エリアにカードを置けるスキルと組み合わせてクラスチェンジ事故のフォローというのも考えられる。
「1枚まで」なので、場合によっては置かない選択肢も取れる。その場合はシアルフィの公子 シグルドと同じ処理になる。

  • 「ツヴァイの光」は、スルーフがクロードから受けた啓示の中でリーフのことを指した表現。
    仲間になったその時限りの台詞で、特に詳しいことは語られないので記憶にないプレイヤーも多いかもしれない。

関連ページ


スポンサーリンク