白夜

シンボルの一つ。色はカードの枠が白、シンボルなどは桃色。
if』の『白夜王国』関連のカードがこのシンボルを持っている。

ユニット数を参照したり、ユニット数を増やしたりすることを特性としている傾向がある。
白夜に多い支援スキルとして忍術の紋章があり、これもそのことを表していると言える。
さらに第7弾では、暗夜と同じ竜脈・透魔王国の勢力に加えてカードを引く効果を持ったカードがいくつか登場している。
支援20+攻撃の紋章を持つ1コスト弓兵系カードが最も多く、前述の特性もあって速攻デッキに組み合わせられやすい。
そして1コストの弓兵系だけでなく他のコストの弓兵も最多で、弓と飛行の戦闘力、支援力をあわせ持つ金鵄武者という白夜のみの兵種も存在する。
また純粋な天空の運び手の数は聖痕には劣るが、他のシンボルと比べて多く、移動系の類似スキルを含めると聖痕にも勝る。

モチーフ

名前は言うまでもないとして、デザインも白夜王国の紋章そのままである。
『白夜王国』のタイトルロゴにもあしらわれているので、比較的馴染み深いだろう。

戦闘力および支援力の部分を彩る装飾は、白夜の象徴ともいえる桜の花びらをかたどったものと思われる。

スポンサーリンク