竜を秘めし王子 カムイ(男)

竜を秘めし王子 カムイ(男)
セリフこの戦争が終わるのなら、僕は何者にだってなってみせる。
収録光と闇の神焔B02-002NIllust猫羽タツキ
出撃コスト2CCコスト-兵種下級職ダークプリンス
戦闘力60支援力20射程1アイコン白夜/男/竜石/竜
スキル竜の咆哮自動型
このユニットが出撃した時、味方に『アクア』がいない場合、自分の表向きの絆カードを1枚選び、裏向きにする。

考察

唯一の竜石持ちカムイ(男)
戦闘力60を持つが、アクアがいないとデメリットを伴う。
アクアが主人公でない場合、1ターン目にアクアを出していなければ2ターン目にデメリットを回避することはできないことになる。

一方でアクア主人公ではならどうかと言うと、黎明の歌姫 アクア逢魔の歌姫 アクアは2ターン目でクラスチェンジできるので、貴重なコスト2ユニットとしての価値が低いのが玉に瑕。
おまけに敵の逢魔の歌姫 アクアに消し飛ばされるという欠点まで出来てしまった。

出撃フェイズに普通に出撃させる場合、必然的に表向きの絆カードがあるのでデメリットを踏み倒すことは狙えない。
しかし、スキルによって出撃させれば、絆を使い切ってから出撃させたり、あるいはアクアがいるタイミングを狙って出撃させるといったことも可能になる。
ただその場合、4ターン目以降なら竜の幼姫 カンナ(女)でも同等の戦闘力を発揮できるのが問題になる。

  • あえてデメリットを踏むことで癒しの歌の発動条件を補助する、遺された愛のコストを生むなどといった使い方があったりもする。
    単純に考えれば鋼の弓などで十分な話だが、白夜の下級職はスキルに1リバースを要求するユニットが珍しかったりする。

関連ページ


スポンサーリンク