超魔法に選ばれし者 マリク 節を編集

超魔法に選ばれし者 マリク
セリフごくまれに「意志」を持つ魔法がある。
魔法自身が…エクスカリバーが、ぼくを選んでくれたんだ。
収録輝く世界B15-IllustBISAI
出撃コスト4CCコスト3兵種上級職賢者
戦闘力60支援力20射程1-2アイコン光の剣/男/魔法
スキル吹きすさべ、エクスカリバー起動型
【[アクション]】主人公以外の相手のユニットを1体選び、相手の手札に戻させる。次の相手のターン終了まで、相手はそのユニットと同じユニット名のカードを出撃させることができない。
スキル勝利を呼ぶ風起動型
[1ターンに1回]【[リバース1]】自分の手札の枚数が相手より少ない場合、相手は自分の手札を1枚選び、退避エリアに置く。

考察 節を編集

『吹きすさべ、エクスカリバー』は主人公以外なら誰でも対象にでき、アクションのみで使える敵のバウンス。
冷魔の闇皇子 レオンと同様の、対象となったカードの同名ユニットの次のターンでの出撃を封じる効果もある。
バウンスである以上、同名ユニット、それどころか同名カードが必ず相手の手札にある状態になるので、その意義は大きい。
ボードアドバンテージのみでカードアドバンテージにはならないものの、アクションのみで使える点が優秀。

『勝利を呼ぶ風』は、手札の枚数で劣る時だけ使えるシンプルなリバース1でのハンデス。
リバース1でのハンデスはかなり効率的であり、『吹きすさべ、エクスカリバー』を先に使うことで相手の手札を1枚増やし、条件を満たすという動きもできる。
ただしその場合、次のターンまで死に札となるバウンスされたカードをそのまま捨てるという選択肢を与えてしまう。
ハンデス全般に言えることだが、条件を満たしているなら先に使った方がよい。
自力で増やさせられる手札は所詮1枚なので、こちらが手札を増やしやすいデッキだと完全に腐ってしまうことも多い。

  • 『吹きすさべ、エクスカリバー』のテキストで、なぜか「敵」ではなく「相手のユニット」という表現が使われている。

関連ページ 節を編集


スポンサーリンク