闇を打ち破る光 リンダ

闇を打ち破る光 リンダ
セリフ私は大司祭の娘…どんな大魔法でも使いこなしてみせるわ!
収録炎と鋼と想と哀とB13-075SRIllust煎茶
出撃コスト5CCコスト4兵種上級職賢者
戦闘力60支援力20射程1-2アイコン光の剣/女/魔法
スキルスターライト・エクスプロージョン常時型
自分のターン中、このユニットの戦闘力は+60される。
スキル星光の加護起動型
[1ターンに1回]【[リバース4]】自分の手札が5枚になるまでカードを引く。

考察

全くの無条件で自分のターン中戦闘力120になり、大抵の相手に対して支援結果に関係なく撃破に成功できる。
支援力の低いデッキでも扱いやすいが、これを目当てに採用出来るほどのスキルではない。
もう1つのスキルを目当てに採用した時に、戦闘でも役割を持ちやすい、ぐらいに考えておくと良いだろう。

『星光の加護』は、リバース4で手札が5枚になるまでカードを引くという簡潔かつ派手なドロー効果。
手札が少なければ少ないほどドロー出来るため、展開力の高いデッキでの採用が考えられる。
このユニット1体でドローを賄えると言うのを鑑みても最低3枚、出来ればリバースとドローが1対1となる4枚以上は引きたいところ。
しかし、このカード自体が出撃コスト5と言う事もあって小回りが効きにくく、高コストがだぶつくなど手札にカードが多いと途端に腐るスキルになってしまうのが難点。
手札の消費に困ることは少ないのは速攻デッキだが、そういったデッキだと出撃コスト5を工面するだけでも余分な手間がかかってしまう。
手札を増やしても、リバースを大きく消費することで行動が制限される場合もあり、必ずしも優位に立てる訳ではない。
それでも最大5枚のドローが見込めるのは十分に強力であるため、見合ったデッキで使うと良いだろう。

  • ストーリー通り、『スターライト・エクスプロージョン』で得られる戦闘力120で『暗黒魔法 マフー』を打ち破れる。

関連ページ


スポンサーリンク