魔に冒されし清心 リオン

魔に冒されし清心 リオン
セリフ僕は魔王…人の弱さを知らぬ強く完全なる王…
収録赫赫たる双撃B11-045RIllustセツ
出撃コスト4CCコスト3兵種上級職ネクロマンサー
戦闘力60支援力0射程1-2アイコン神器/男/魔法
スキル禁忌の召喚術起動型
[1ターンに1回]【[リバース2]】自分のデッキから出撃コストが3以下の<魔物>のカードを1枚まで選び、出撃させる。その後、デッキをシャッフルする。
スキル魔王の鼓動常時型
戦場の<魔物>のユニット名1種類につき、このユニットの戦闘力は+10される。
スキル砕かれた聖石自動型
このユニットの攻撃で相手の主人公を撃破した時、ターン終了まで、すべての<魔物>の味方の戦闘力は+10される。

考察

初の魔物サポートカードであり、それに特化したカード。

『禁忌の召喚術』はほぼ魔物版『転移』
不死なる絶望の君主 クロムを除いて出撃可能で、人喰い大蜘蛛 バールが、終焔の白神子 カムイ(女)にとっての忠節なる老騎士 ギュンターのような立ち位置となる。

『魔王の鼓動』は魔物の種類を参照するという変わったパワーアップ。
シンボルバールゴーゴン、できればドラゴンゾンビも狙うというのが自然なところだろう。
魔物の多くが持つ「何枚でもデッキに入れることができる」スキルとは噛み合わず、このカードのためには適度にばらす必要がある。
戦場すべてを参照するので相手も同一コンセプト以外で魔物を扱うデッキだった場合は優位に立てる。

  • 『魔王の鼓動』による戦闘力アップは11弾時点では最高で+50(時の迷い子 マーク(女)を入れると自ターンのみ+60)である。

『砕かれた聖石』は主人公の撃破が条件なので、必要な戦闘力は『魔王の鼓動』で確保できるとはいえあまり安定しないが、ノーコストで攻勢の後押しを狙える。
所詮は+10なので、このカード自体や魔物が採用される以上避けられない支援力0が出ると不十分ということにはなりやすいが。

  • 『転移』同様、(このユニットが魔物ではないので、他に魔物の味方がいれば)時の迷い子 マーク(女)を出撃させることができる。
    このカードから射程1-2を必ず得られ、自ターンのみではあるが『魔王の鼓動』の参照先としても役立てる。
    魔物はすべて支援力が0なので支援力20であるのも嬉しく、採用しやすくかつ他の魔物ではできない動きをすることができる貴重なカードとなる。
  • 『砕かれた聖石』は、オーブを聖石に見立て、主人公を撃破する=オーブを破壊することを「各地の聖石を破壊し、その結果魔物が活性化する」という原作ストーリーになぞらえているものと取れる。

関連ページ


スポンサーリンク